真鯛タイトル

明石海峡では、ミミイカの疑似餌か活きた海エビで狙います。また、状況によりサビキや毛糸の疑似餌を使います。鳴門海峡では、冬にビニールの疑似餌で狙います。季節により色々な釣り方があり、状況に合わせて使い分けます。

■ ロッド

7:3調子でオモリ負荷30号の3mぐらいの船竿が適しています。余り短いと起伏の激しいポイントでの底取りが難しくなります。逆に長過ぎると、一般的には竿の扱いが難しくなります。仕掛けが長いため、どんな竿が適しているかは、釣り人の技量に合わせて決めるしかないです。もし扱えるなら、磯竿の3〜4号の5mぐらいの竿も、この釣りには適しています。

■ リール

ここ数年の間に電動リールが非常に進化し、より小型化が進みました。そのため、瀬戸内海の釣りでも電動を使うケースが増えてきました。魚が掛かった時はハンドル巻きも楽しいが、釣れてない時の巻上げは、電動を使い出すと止められなくなります。ということで、小型電動リールがお勧めです。手巻きなら中型の両軸リール。

■ ライン

「PEライン」の2号を使っています。PEラインも各社から販売されており、8本撚りが値段も安く安心の強度があります。ただ、このPEラインは非常に柔らかいので、穂先に良く絡んでしまいます。出来れば先糸(フロロの6〜7号程度)を付けると、カラミがダントツに減るので試してみて下さい。

■ 仕掛

鯛仕掛

真鯛専用のサビキ仕掛が主流になっています。特にがまかつの仕掛が一番良く釣れています。緑やダイダイの皮で作られているMIXタイプが良く釣れているようです。

その他、毛糸の疑似餌がこのところ良く釣れています。疑似餌はネットで「毛糸 疑似餌」で検索すると、和歌山県の加太周辺の仕掛けがヒットするので、参考にして自作して下さい。この釣りの場合、鈎は小さいグレ鈎(6,7号)を使うのが標準です。

鳴門海峡周辺では、ビニール(正確には「各地のゴミ袋」)を長さ10cm位に切った疑似餌を使います。疑似餌は殆ど船頭さんから頂けます。仕掛けは左写真の仕様とほぼ同じです。今までの経験上、赤(ピンク)、白、緑で良く釣れました。