アオリタイトル

明石海峡では、現在「シャクリ釣り」と「胴突き仕掛け」の2通りの釣法があります。私が薦めるのは「シャクリ釣り」です。釣果も良いですし、釣った時の達成感があります。

■ ロッド

シャクリ釣りは、元々は関東の釣りであり専用ロッドがある。全長1.3Mぐらいの短い竿である。それを使えば良いのだが、明石海峡は潮の流れが速いので、重たい中オモリが必要となる。そのため最大オモリ負荷30号ぐらいまでを想定して購入されることをお薦めする。なお近年、関東で長竿釣法が流行り出しており、3m前後の専用竿が使われている。今後の行方を見て良いなら取り入れてみてはと思う。

■ リール

小型両軸リールが適合している。一日中手持ちなので、出来るだけ軽いリールが適している。お薦めは、シマノのステファーノ200で、非常に軽くこの釣りに適している。一度使うと昔のリールには戻れないほどの使いここちの良さである。

■ ライン

「PEライン(8本撚り)」の0.6〜1.5号ぐらいが適している。夜釣りなので、マーカーが見え易いものの方が棚取りし易い。 ハリスというか、中オモリからエギまでは、フロロの5号ぐらいを3m付けるのが標準。

■ 中オモリ

明石海峡は潮の流れが速く、棚の取り直しが非常に多いため、下側となるサルカン部分が固定式の場合、すぐに変形してしまうのと、糸にキズが入り易い。出来ればヨーヅリ社の下側のサルカンが自由に動くタイプをお薦めする。サイズは15〜25号で標準は20号。

■ エギ

エギ

アオリイカ釣りの命と言えるのが「エギ」の選択である。「エギ地獄」という言葉があるぐらい難しく、いつも悩まされる。左の写真は、私が今まで使って実績のあったものである。その日の状況により、これ以外のエギで良く釣れるものもあると思う。明石海峡では「ダートマックス」という製品が人気で、良く使われており実績もある。

まず釣ろうと思うなら、その日の周囲の状況を見て、良く釣れているカラーに合わせることだと思う。

なお、釣具店で「激安」で売られているエギを見掛けるが、そんなエギではまず釣れない。船代も高いので、釣れないエギで失敗しないようにすることだ。

鉄板と思われるカラーもあるのだが、不思議と毎年良く当たるカラーが変わる。理由は不明であるが、早く検知して購入するしかない。