アコウタイトル

かつて幻の魚「あこう」と言われてましたが、最近は放流の効果も出て、明石海峡や広島で結構良く釣れるようになりました。特に広島では放流も盛んに行われており、行けば必ず顔をみることが出来るという状況です。

■ ロッド

7:3調子のオモリ負荷30〜40号の船竿をお薦めします。長さは好みですが、大型は引きも強いし根から引き吊り出さなければならない時もあるので、ある程度の長さと腰の強さが欲しいです。具体的には、2.4メートル以上が望ましい。

■ リール

小型電動リールか中型の両軸リールが適しています。(PEの2号が100M以上巻けることが前提)

■ ライン

「PEライン(8本撚り)」の2号が適合しています。(2号より太い糸は使わないように→周りとオマツリの原因になります)

■ オモリ

30〜50号を潮の速さと水深を見て使い分けます。

■ 仕掛

あこう仕掛

枝数は1〜2本です。漁礁周りで釣る時は2本鈎が良いと思います。専用の仕掛けも販売されています。ただ、エサに活けエサ(エビや子魚)を使う場合、鈎にヒネリが入っていない方が、仕掛けの落下中にエサが回ることが無いので有利です。大物が来ることを前提に、ハリスは最低4号をお薦めします。活けエサを付けるので、外道も大物が多く、ハリスが細いと切られてしまいます。

ハリスと幹糸の間は、クレン親子サルカンの出来るだけ小さい物が良いと思います。捨て糸は、磯や漁礁の高さに合わせます。高い場合は長め、低い場合は短めがいいです。

←市販されている仕掛けでは、左のがまかつの仕掛けをお薦めする。

※枝針の予備は多めに持って行くように(根掛りが結構あります)

  

■ エサ

鼻掛け

広島では事前に連絡しておくと、活きた海エビ(川津エビ)を準備してくれます。だいたい1500円分買うと、一日遊べると思います。意外と広島では、アコウのポイントにカサゴが少なく、エサをかじられまくることが少なかったです。付け方は、鼻掛けがベストです。慣れるまでは難しいですが、これは覚えるしか無いです。また、その時の状況で、事前にサビキで小アジやイワシが確保出来たら最高のエサとなります。

←鼻掛け:エビの口から針先を入れて、角の根本に針先を出します。