仙人の釣日誌

 2019年8月17日 仙正丸のキスマッチ決勝

いよいよキスマッチ決戦の日がやって来た。台風で一週間伸びるかなあと思ったが、予定通りの開催となった。ただ、台風の余波で、南寄りの風が強く吹く予報となっていた。一昨年、昨年は予選落ちしたので、今年はちょっと気合が入っていた。そのため、仕掛けについて色々と調べて、工夫した物を作って使ってみた。その結果、予選通過となった。決勝では、更に改良した仕掛けを用意して挑んだ。

須磨駅前

予選の時と同じく13時ぐらいに乗船場に到着するように、六甲道12:30ぐらいの快速で須磨に向かった。乗船場には、12:55頃に到着した。当然、まだ午前のタチウオ便は帰って来ていなかった。キスマッチに出場の方も誰も来ていなかった。この日は、13:30頃に出船なので、そんなに早く来る必要は無かった。

←流石に天気も良いし暑いので、須磨の海水浴場は賑わっていた。ただ、台風の影響で海岸には海藻やゴミが目立った。水も透明度が無く、黄色っぽかった。この濁りで、キスの食いが悪いと思った。

乗船場の突堤先端には、2家族の親子が釣りを楽しんでいた。子供はサビキ釣り、大人はキスを狙っているようであった。見ている間、子供はイワシや子サバを釣っていたが、キスは釣れなかった。朝から釣っていたようで、これ以上釣ってもクーラーに入らないと親が言ったところ、子供も釣を止めて片付けて帰って行った。

受付

暫くすると、決勝戦の出場者が固まって到着した。女将さんも来て受付と抽選を実施した。抽選の結果、今回は「2番」を引いた。ほぼ好きな釣り座に座ることが出来る。そしてタチウオの船が帰って来て、皆さん下船した後、午後の準備が終わり、決勝の乗船が始まった。私は、ミヨシ側が良いので、右舷のミヨシの次に座った。

←決勝の出場者が集合した。

決勝は9人、すぐに乗船して出船となった。ポイントは結構近くなので、速攻で準備した。しかし、沖合に走って行く道中の海水の色を見ると、黄色く濁っていた。こんなに濁っていて、本当にキスが釣れるか?と心配になった。15分程でポイントに到着した。「準備が出来たらやって下さい。終了は17:50」とのアナウンスで決勝が開始となった。この日のタックルは、竿:ダイワ・剣崎30-270MT、リール:ダイワ・ジリオンPE、道糸:PE0.6号、オモリ:統一30号、仕掛けは自作3本鈎。

すぐに投入してオモリが着底したので、糸フケを取ると「ブルブル」とアタリが出て、開始2分も経たない間に一匹釣れた。すぐに船頭が「1匹上がりました」とアナウンス。何故か私は1匹目を釣ることが多々ある。すぐに魚を外して投入すると、暫くして「ブルブル」が出てまた一匹釣れた。周りを見ていると、皆さん予選を勝ち上がって来た名手ばかりである。好調に皆さん釣り上げていた。

途中、えらい重たいなあ…と思っていると、上がって来たのはガンゾウヒラメで25cmぐらいあった。この魚は固まって居るのか、周りの方にも掛っているところが見えた。キスも居るところには固まって居て、釣れた後、すぐに投入すると即掛って来ることが多かった。逆に釣れない時は、アタリが遠かった。

2時間経過の中間発表では、トップ40匹越えのハイペースであった。その時点で私は25匹ほどであった。中盤、隣の方には連続で釣れるのに、私には釣れない。何か釣り方を変えてみようと、底を叩かずに底から10cmぐらい切って、アタリを待ってみた。するとこの時点の釣り方としては、これがハマってハイペースで釣れ出した。

この日は、比較的型は小さかったが、水の濁りの影響は無かった。この日に限らず、釣り方が悪いのか、3本鈎の3本全ての鈎を一匹のキスが食っているケースがあった。2本の鈎を食っているケースは頻繁に起こった。これをやられると、飲み込んでいることが多いので、鈎を外すのに手間が掛ってリズムが崩される。

3時間ぐらい経って、中乗りのソウハチ君が来て、何匹釣れているかチェックに来た。私は数を数えていなかったので、数えてくれた。その時点で49匹であった。トップの方は60匹以上釣っているようであった。この時点で49匹は、自己新記録である。自分としては、良く釣っているのであるが、やはりキス釣りに精通している方は、それ以上に釣っておられた。

50匹を超えても同じペースで釣り続け、60匹を超えた。後10分…何故か最後にペースが上がり、後一分になったところで、最後の1匹を釣り上げ終了とした。イケスで泳いでいたキスを絞めて数を数えた。その結果68匹釣っていた。結果となるが3位の方が69匹だったので、途中キスとサバが掛って水面で仕掛けが切れていなかったら同数になっていたことになる。

釣果

結果、優勝は81匹、2位74匹、3位69匹なので、私は68匹で4位と思う。自分では最高記録であった。優勝者の81匹は、キスマッチの最高匹数ではないかと思う。

←キスが68匹釣れた。この日は、毛糸先生が貰ってくれることになっていた。申し訳ないが、キスは沢山釣っても、我が家では消費し切れない。貰ってくれる方が居れば、無駄にならずに済む。

この日は、釣れたキスについて、今年2回目の天ぷらにすることになっていた。帰宅して毛糸先生に手渡した後、三枚に下ろした。嫁さんが準備していたので、キスが揚がったところで、夕食となった。この料理は「天つゆ」がキモである。美味しい天つゆで美味しいキスの天ぷらを味わうことが出来た。更に残った骨で骨せんべえを作って食べたのであるが、これは天ぷらより美味しいと思った。

今回68匹釣ったら、結構良い成績だろうと思っていたが、釣る人は釣るのである。来年は、今回の釣りで改善すべきところが一つ分かったので、来年は試してみるつもりである。ああ…台風のため、楽しみにしていた広島のイサギとメタボウマヅラ釣りが中止になってしまった。正直行きたかった。ただ、盆休み期間中は、道路の混雑についてかなりリスクがあることが分かった。来年は、このことも考慮して予定を立てることにする。

6月初めから毎週釣りと旅行に行っていた。その度、このホームページを書いて公開して来た。釣りで頑張って、その結果を出来るだけ早く書いて来た。しかし、今後は10月まで予定は無いので、少し休ませて貰います。