仙人の釣日誌

 2018年12月30日 西田釣船の真鯛E

船

今年も釣納めの日がやって来た。今年は、播磨町から出船の高砂屋に乗船し、小豆島周辺まで遠征しての真鯛釣りの予定であったが、状況が良くないことからキャンセルすることになった。その代わりに西田釣船に連絡したところ、空いて居るとうことで、行くことにした。西田釣船は、鯛が釣れなくても、鬼アジ、メジロ、カサゴ狙いが出来るので、全くのハズレが無い。

1週間前から天気予報を見ていると、西高東低の冬型の気圧配置の予報で、寒気も強くなり寒いとのことであった。船釣りの一番の敵は「強風」である。風さえ緩ければ出船出来る。当日の朝6時の状況で、出船するかしないか、また出船場所を垂水港にするか、岩屋港にするか決めようということになった。

当日、6時前に電話したところ、垂水港まで行けるということで、垂水港から出船することになった。6時に毛糸先生が迎えに来て下さり出発、M氏を迎えに行き垂水港を目指した。途中、コンビニに寄って垂水港には6:50頃に到着した。西田さんは既に到着しており、船を桟橋に付けてくれていた。

乗船前に恒例の釣り座くじ引き。この日は3人なので、何処に座っても同じようなものであった。私は3番となり、前方に一人となった。準備が整ったところで出船、まずは鬼アジ狙いということで、サビキ仕掛けを準備した。以前、釣友のF氏が、西田釣船の鬼アジ狙いは、磯の荒い場所で根掛りが多発したと言っていたこと思い出した。そんなポイントであることを意識しながら臨んだ。

ポイントに到着すると、タイラバの釣船が数隻釣っていた。船頭は、ポイントを確認した後、投入の指示を出した。投入した直後、荒い磯だと思える状況が読み取れたので、仕掛けを少し上げて通過するのを待った。トモを見ると、毛糸先生が根掛りさせていた。暫くして船頭が良く映っているというので、魚探を見に行くと確かに魚影が出ていた。

船頭は、これは鬼アジの映りであると私に説明してくれた。水温が下がったから食わないのだと言っていた。その3流し目ぐらいに、粘り強く上げ下げしていた私に待望のアタリが来た。仕掛けを着底する寸前に「グググ…」と穂先が引き込まれた。焦らず竿を立ててゆっくりと巻き上げた。上がって来たのは、35cmほどの鬼アジであった。丸々と肥えており、美味しそうに見えた。

そして次の流し、同じように仕掛けを上げ下げしていると、またまたアタリが来た。今度は、かなり締め込む引きで、何度かリールから糸が引き出された。相手がアジなので、元々ドラグは緩めに調整していた。暫く駆け引きした後、水面に姿を現したのは、美味しそうなサバのダブル。そしてその下には30cm程のマダイも付いていた。

このサバは、今日、超美味しいキズシが食べれると思うと、本当に嬉しかった。その後、鬼アジとマダイを一匹ずつ追加したところで、食い気が無くなり移動となった。次は、活けエビエサのマダイ狙いである。この釣を開始した時は、まだ潮が速いため釣れなかった。

超大型船

30分ほど経った頃から潮が緩くなり、魚探にも映りが出て来た。その後のある流し、私と毛糸先生に同時ヒット。共にそんなに大きくないようである。上がって来たのは40cm程のマダイであった。さてこれから釣れる…と思ったのであるが、丁度その頃、超大型船が近くを通過するので移動して下さいとタグボートから指示が。

船が通過した後、先程釣れたポイントに戻ると魚影が消えていた。その後、色々とポイントを移動してみるも、何故かこの日は食いが悪く、暫く続けたがマダイは釣れなかった。

仕方ないのでカサゴ釣りにチェンジすることになった。カサゴは良く食ってくれ、私は入れ食いに。ただ、潮の動き初めになっていたので、釣れる時間が短く30分ほどしか出来なかった。この時間に私は12匹カサゴを釣った。そして潮が速くなったところで本日最後の狙いである、メジロとブリのポイントに移動した。ポイントに到着すると、10隻ぐらいの船が狙っていた。船頭の知っている釣船に状況を聞くと、4本上がったとのことで期待出来た。

釣果

しかし、エサのイカが大き過ぎるのか、私とM氏にアタリがあっただけで釣れることは無かった。北風も強くなり、釣れる雰囲気もなかったので、14:00に沖上がりとした。これで今年の釣りが終わった。結果、鬼アジ2匹、サバ2匹、真鯛4匹、カサゴ12匹であった。M氏も毛糸先生も、釣果が本当に悪い一日であった。

←鬼アジは脂が乗っており、非常に美味しかった。写真には写っていないが、サバはそれ以上に脂が乗っていて最高のキズシが作れた。

2018年を振り返ると、今年の漢字「災」に表されるように、異常な天気(大雨・台風)、大地震…特に今年は、土日に悪天候の日が多かった。私にとっても、釣り中止の回数が過去最高であった。また、異常気象のためか、夏場の「マアジ」と「マダコ」、秋の「アオリイカ」が全く釣れなかった。こんなことも初めての経験であった。

2018年も終わった。定年まであと3年ほどである。その間にお金の掛る釣りに行けるだけ行って、楽しかった思い出を作ろうと思っている。そのため、近くの釣り場ではなく、目的のターゲットが沢山釣れる釣り場に、重点を置くようにするつもりである。皆様にも新しい情報を発信して行きたいと思っております。よろしければ今後もご覧下さい。

2018年12月31日 齋藤 宏之